Home > SHIGA HOUSE Archive

SHIGA HOUSE Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

外構工事 完成

先日、SHIGA HOUSE の外構工事が完成したので、現場に行きました。

 [全景]

南面は板張り塀、東面は目隠し塀としました。

黒をベ-スとしたの外観に、白の目隠し塀や、緑の植栽がアクセントになっています。





168.jpg [玄関廻り]

玄関廻りは、冷たい金属の黒ベ-スとは対称的で、

温かみのある左官仕上げの白色にしました。





170.jpg [南面]

南面の塀は、リビングへの通風を考慮して、杉板張りを目透かしで施工しました。

板の塗装は、家主様が塗装しました。(御苦労さまでした。)

外壁(金属板)と色が同じ黒ベ-スになりますが、

塀の材料が杉板のため全体の表情がやわらかくなります。





169.jpg [東面]

東面は、道路や隣地(住宅)があるので、プライバシ-確保の為、目隠し塀としました。

フレキボ-ドをよろい張りに施工しました。

施工に手間をかけてしまいましたが、すっきりとした仕上がりになりました。

外構工事もほぼ完成しました。





これで当物件の、設計監理業務は完了となります。

家主様とは、約1年8ケ月のお付き合いとなりました。

当物件の設計監理業務に携わる事ができ、本当に有り難うございました。

スポンサーサイト

外構工事

年末は、バタバタと事務所内で作業をしていたので SHIGA HOUSE の現場に行く事ができませんでした。

年が明け、先日ようやく時間がとれたので、新年のあいさつを兼ねて現場に行ってきました。


160.jpg
 
ガレ-ジ部分の土間コンクリ-トが完成し、これでようやく車の乗り入れが可能となりました。



161.jpg

ガレ-ジの中では、家主様が杉板塀の塗装を自ら塗っていただいております。
(昨晩は、徹夜で塗装してようで、お疲れの様子でした。 おそくまでご苦労様でした。)

塗装が完了しますと、大工さんに塀を取り付けてもらう段取りとなります。



162.jpg

南面の庭部分では、ウッドデッキを予定しており、その部分の土間コンクリ-トの施工も完了しております。

杉板塀の支柱(アルミ製)も設置され、後は杉板を取り付け出来る様になっております。

東面の道路部分は、プライバシ-確保の為、目隠し塀を施工する予定となります。

1月中旬ごろ、外構工事が完了する工程となっております。

土間コンクリ-ト施工

先週末 SHIGA HOUSE 駐車場部分の土間コンクリ-トの打設が完了しました。

156.jpg [ガレ-ジ 出入口部分]

きれいにコンクリ-トの施工がされておりました。
(これで車をガレ-ジに入れる事が出来ます。)

157.jpg [車庫から住宅にかけて]

雨の時でも笠をささず、スム-ズに住宅にアクセスする事が出来ます。

今週からは、外構塀や庭廻りの工事となります。
(一部の塀は杉板張りやフレキボ-ド張りとなる予定です。)

塀部分は、年明けからの施工になるかもしれません。
(家主様にはご迷惑を、おかけします。)

外壁工事

SHIGA HOUSE ガレ-ジ棟の外壁工事が完了しました。

152.jpg [外壁工事完了]

シルバ-メタリックのガルバリウム鋼板張りで外壁を仕上げました。
(シャ-プな外観に仕上がっております。)

153.jpg

ガレ-ジと住宅をつなぐアプロ-チに屋根を設置したので、

雨の時でもスム-ズに住宅に出入りできる様になりました。

又、軽自動車を屋根下に駐車できるようにもなっております。

この週末には、ガレ-ジ部分の土間コンクリ-トを施工する予定となっております。

同時に外構工事も着工することとなります。

シャッタ-取付

SHIGA HOUSE 車庫棟の 電動シャッタ-が設置されたので 打合せを兼ねて現場に行って来ました。

 [ガレ-ジシャッタ-の設置完了]

(画像では、分かりにくいのですがシャッタ-設置済です。)


151.jpg

ガレ-ジ内部の鉄骨部分は家主様がペンキを塗装しました。
(きれいに仕上げてくれております。)

150.jpg

外壁仕上げには、ガルバリウム鋼板を採用しました。

カラ-は銀黒になります。

現場では、このガルバリウム鋼板の外壁の納まり等の打合せを行いました。

シャ-プな感じの外観になると思います。(仕上がりが楽しみです。)

祝 上棟!

11月25日 無事に SHIGA HOUSE のガレ-ジが上棟しました。

平屋の鉄骨造となります。

 [上棟]

住宅との空きスペ-スは、雨の時にも洗濯物が干せる様に屋根も設置しました。

147.jpg

家主様が塗装業をしているので、鉄部の塗装は施主様の施工となります。
(よろしくお願いいたします!)


ガレ-ジ基礎工事

11月21日の休日に、娘2人と SHIGA HOUSE の工事現場に行きました。
ガレ-ジの基礎コンクリ-トが完了。進入路の路盤工事の最中でした。

 [基礎コンクリ-トの状況]

144.jpg [路盤の状況]

車の駐車スペ-スは、ランマ-等でしっかり締め固めされています。
(締め固めの工事を雑にすると、後で地盤が沈む可能性があり、大変な事に!)

このまま、晴れが続くと11月25日が、ガレ-ジ棟の棟上げとなります。



娘2人からどこかに連れて行って欲しいと前日から言われていたので、
帰りに、御坊市にある 宝の湯(銭湯) に行って来ました。 

145.jpg

露天風呂もあり、なかなかいい雰囲気の銭湯でした。
銭湯好きの娘2人も、大変満足していました。

ガレ-ジ及び外構工事

少し期間が空いてしまったのですが、SHIGA HOUSE のガレ-ジ及び外構工事が始まりました。

現場に到着し、ガレ-ジ棟の配置確認及び、設計高さの調整を行い、工事着工となります。

134.jpg [敷地の状況]

ガレ-ジは鉄骨造となり、外構はシンプルに仕上がる予定です。

出来れば年内に完成したいと思っております。

写真撮影

今日は、SHIGA HOUSEの写真撮影がありました。

撮影は長岡写真事務所様に撮ってもらいました。暑い中御苦労様でした。



56.jpg 

[ 上の画像は、私が素人ながら撮影しました ]

これとは別に、長岡様が撮影した完成写真の仕上がりが、とても楽しみです。

これで、一期(住居ゾ-ン)工事が終了となります。 家主様が、末長く愛着をもって住まわれる事を心より願っております。

少し日程をとって落ち着いてから、二期(ガレ-ジ鉄骨造及び外構)工事が始まります。

ただいま二期工事に向けての最終調整に入っている所です。

完成内覧会 最終日

SHIGA HOUSE の完成内覧会が無事終了いたしました。

猛暑の中、会場に足を運んでいただいたお客様、本当に有り難うございました。

来ていただいたお客様から、お住まいのお手伝いができたらと思っております。

それと2日間、会場として使用させていただいた家主様、本当に感謝しております。有り難う御座いました。


完成内覧会 初日

52.jpg [外観の様子]

猛暑の中、無事に完成内覧会の初日が終了しました。

暑い天候にもかかわらず、来場していただいたお客様、本当に有り難うございました。

53.jpg [内観の様子]

明日は最終日、もう一日がんばって、素晴らしい出会いがあれば・・・と思っております。

完成内覧会



いよいよ明日から2日間、SHIGA HOUSEの完成内覧会が開催します。

夜遅くなりましたが、やっと今、内覧会の資料が完成しました。

明日は天気も良く、内覧会日和になりそうな気がします。

どんなお客様が来場されるか、とても楽しみに心よりお待ち申し上げます。

完成内覧会のお知らせ

地図shiga
[地図 画面上でクリックすると拡大します]

前回に告知しておりました
SHIGA HOUSE 完成内覧会の開催日が決定いたしました。




[ 開催内容 ]

開催日  7月31日(土) 8月1日(日) の2日間 

時 間  午前10時 ~ 午後5時 ごろまで 

場 所  和歌山県日高郡日高町志賀1146-5

構 造  木造軸組工法 2階建 延床面積151.47㎡
      (今回は完成していないので見学できませんが、鉄骨造のガレ-ジも設計しております。) 

特 徴  外観は黒を基調としたシンプルなデザイン。
      内観は石材や無垢板を使用したナチュラル色が、ベ-スになっております。

連絡先  谷脇建築設計事務所  谷脇まで TEL 090-9213-5057
      (場所が分かりにく場合は連絡して下さい。当日は現場で待機しております。)

施工者  御坊市薗42-1 株式会社 玉井組 TEL 0738-22-0474 




これからお住まいを建てようと計画しておられる方(リフォ-ムもOKです)お気軽に足を運んでください。
心よりお待ち申し上げます。

※家主様には開催の提供をしていただき大変感謝しております。本当にありがとうございます。


御影石貼り

41.jpg [御影石]

玄関部分の床に貼る御影石が搬入されました。

玄関には、一般的にタイルを貼るのが多いのですが、本物件は御影石を貼ります。

お客様をお出迎えする玄関を石貼りにすることで、高級感が生まれ内部空間が引き締まります。

(ちなみに、私は石の柄を選ぶとき、石のサンプルに水を垂らし濡れ色がどんな表情になるか、又石の濡れ色が住宅になじんでいるか等を判断して、家主様に提案しています。)


外部及び内部

42.jpg [足場の撤去]

shiga houseの足場もようやく撤去し、外観が完成に近づいてきました。引き続き外部排水工事等に進んでいきます。

今年の梅雨は長かったようなきがしますので、足場がとれてほっとしました。

40.jpg [内部状況]

内部はクロス工事が完了し、内部建具の取り付けも始まりました。

建具枠

 [建具の枠]


上の画像は、引戸の建具枠の施工状況です。

薄い赤色の所に引戸の建具が納まるように、建具枠に溝(戸しゃくり)を大工さんに加工してもらっています。
さらに溝部分には、引戸を閉める時の音を吸収するために、戸当たりゴムを設置します。

戸しゃくりを加工するのは面倒なのですが、扉を閉めた時に建具枠内に納まる為、光の漏れを無くしたり、建具の傾きによる隙間の微調整に余裕もできます。



キッチンカウンタ-工事

31.jpg [キッチンカウンタ-]

キッチンカウンンタ-を家具工事で作製しました。

キッチン吊戸棚部分は大工さんにシナ合板の目透かしで張ってもらい、キッチンカウンタ-の下部の部分は家具屋さんに作製してもらいました。

造付家具は家主様が使いやすい様に、各高さや、幅、奥行きの寸法を、家主様と打合せしながら決定していきます。

見せる家具は、使いやすさを追求しすぎると、デザインやディテ-ル、空間の統一性が損なわれる場合もあるので、その課題をクリアするのに苦労する時もあります。

今回は、キッチンからの食器の配膳を考慮し、カウンタ-幅を45cmと決定しました。
又、カウンタ-下部は、家主様のご要望で、小物を陳列する為のOPEN棚を設置し、その下の部分は電話帳や書類、常備薬等を収納する為の、扉付収納棚を設置しました。




和室の天井

 [和室の天井]

和室の天井をシナ合板の目透かし張りとしました。
目透かし張りとすることで、タテヨコに目地が通り室内がすっきりした雰囲気となります。

外壁 左官工事

28.jpg [左官工事施工状況]

外観全体がブラック系の色で仕上げていますが、玄関アプロ-チ部分のみホワイト系の左官仕上げとしました。
メリハリができとてもいい感じに仕上がってきました。
家主様には、前もって左官のパタ-ンサンプルを提出し承認をいただいていましたが、コテの仕上げは左官職人さんのコテの力の入れ方等で差が出るため、直接現場に来ていただき、確認してもらいました。
(実際は、少しコテムラが大きかったので、左官職人さんにムラが出ない様、微調整してもらいました)

タテハゼ葺きの外壁

24.jpg [外壁の状況]

この2、3日の間、晴れが続いたので外壁工事が順調にすすみだしました。
セランガンバツ材の板張り工事や、タテハゼ葺きのガルバリウム鋼板の外壁工事も完了しました。


25.jpg [タテハゼ葺きの外壁]

外壁全体をシャ-プなブラックのK型ガルバリウム鋼板で仕上げると、のっぺりした冷たい感じの外観になってしまいます。
外観に表情をつけるため、玄関アプロ-チの一部をタテハゼ葺きのガルバリウム鋼板にし、色もダ-クブラウンにしました。


階段手摺

18.jpg

階段手摺の施工状況!
木製の化粧手摺の設置完了しました。
手摺と笠木の空間部分には強化ガラスをはめ込む予定です。
建物の内部が少しづつ完成に近づいてきました。

建物の外部も早く完成させて、足場を撤去したいのですが、雨が続いてばかりであまり進んでおりません。
この梅雨の時期はしかたないのですが、少し外部の工事は遅れております。

玄関廻り 杉板張り

19.jpg

玄関廻りの状況!
アクセントとして玄関及び廊下廻りの壁を杉板張りとしました。
下部の開口は階段下の物入となっています。物入れの扉がメインの壁面にあると生活感がですぎるので、目立たない様に工夫しました。
扉の仕上げは杉板張りとし、正面からは額縁や丁番、取っ手も見えないようにする予定です。

外壁工事

14.jpg

外壁金属板の施工状況!
外壁の金属板の施工がほぼ完了しました。
画像 左右の白い防水紙の箇所は板張りの上に、防腐材の塗装をします。
画像 右側の緑のル-フィングの箇所はタテハゼ葺きのガルバリウム鋼板となります。

shiga house 完成内覧会 決定!

家主様のご厚意により、SHIGA HOUSEの完成内覧会を開催させていただく事となりました。
完成予定は7月中旬から末となります。
(工事途中の見学も可能です。)
随時、受付をしておりますので宜しくお願い致します。
受付方法は、弊社まで電話をしていただくか、メ-ルでお願いいたします。
後日、こちらから詳細を連絡させていただきます。
ちなみに、建築場所は和歌山県日高郡日高町になります。


10.jpg

外壁材の施工状況。
外壁はガルバリウム鋼板と、一部板張り及び左官塗り仕上げとなります。
黒を基調とし、落ち着いた雰囲気に仕上げる予定です。

11.jpg

内装工事! 折り上げ天井の見切材の納まり。
L型(角出し)アングルを天井見切り材として使用しました。

家主様が、車や金属類の塗装業を営んでいますので、L型アングルの塗装をお願いしました。
ブラックの鏡面で、とてもきれいに仕上げてくれて有り難う御座いました。

外壁の状況 

08.jpg

外壁下地、防水紙の状況。
外壁仕上げ材を施工すると見えなくなる外壁下地材の防水紙ですが、十分注意して施工しないといけません。
万が一外壁材が破損しても、この防水紙で雨漏りを防がなければいけないからです。
現場をチェックしましたが、施工要領書通り、はきちんとされていました。

07.jpg

内部の状況。
断熱材の充填が完了し、間仕切壁の施工に入るところです。

shiga house様 設計 

家主様とは、昨年の6月にお客様からの紹介で、お会いすることとなりました。
プランも順調に進み今年の3月始めに着工、4月末に無事上棟を終えました。
現在、外壁工事と内部の大工工事に入ったところです。

Index of all entries

Home > SHIGA HOUSE Archive

タグクラウド
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。